ちょっとした小ネタ

本日、ちょっとした遊びをしていたら…絵が出ないという大変におかしい状態を経験したので。メモ書きとして

Nvidia QuadroK5000+SDI output for Kepler+TweakSoftware RVSDI+Blackmagic miniconverter HDSDI to HDMI+EIZO CG275Wという環境でテストしていたときの出来事です。

RVSDI側で、1080 29.97Pでの出力設定をしているにもかかわらず、CG275Wへ映像が流れないというトラブルが発生しました。
さて、ここで疑うべきは下記事項だと思われます
1.RVSDIがちゃんとした処理をせずに、GPUへ渡している
2.Nvidia Driverが対応していない
3.CG275Wが壊れている or 対応していない映像信号の入力がされている
4.コンバーターの故障

という訳で様々検証を行いました

1.については、TVへ接続した場合はちゃんと出力していたため無視
2.については、1での検証で出力されているので大丈夫だと思う
3.については、他の入力信号を入れてみたらOKだったのと、編集機からの同信号を受け付けて表示したのでOK
4.については、1でのTV出力でOKだったんで無視

で、詰んだ!と思っていたところへ
来ました!AJA FS2が!

Blackmagic miniconverter HDSDI to HDMIからのSDIスルーを利用し、AJA FS2からのHDMI出力をEIZO CG275Wへ渡したところ…問題なく出力してくれました。
信号も1080 29.97Pとなっており問題はないようです。

さて、ここでBlackmagic miniconverter HDSDI to HDMIが原因と言う事になります
切り分けにもAJA FS2を利用します(マスモニ使えば一発で終わる作業なんだけどねw)

Blackmagic miniconverter HDSDI to HDMIからのHDMI出力をAJA FS2へ入れてみたところ…1080 60iの文字が…
EIZO CG275Wはプログレッシブのみの入力信号しか受け付けないので、Blackmagic miniconverter HDSDI to HDMIからのHDMI出力の時に、インターレースにされてしまったという事ですね

超絶面倒なので、コンバーターに注意書きをしておきましたが、また引っかかるのかね。

いいコンバーターではあるのですが、コンバートしているので、出力信号の確認は必ず行うべきとの良い教訓となりました。
また、TVへの出力ならこういうコンバーターが必要になる事も多いですので、逆パターンでのナレッジとしても覚えておいて損はなさそうですね!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください